「吾妻磐梯スカイライン暴風雨事件」

・発生日時:2002年10月20日(日)
・発生場所:福島県衣苗代町

経緯

・当日のメインは「吾妻磐梯スカイライン」。天気が崩れそうだったので、早朝に勝負をかける。あいにくの曇り空だが、まだ雨は降っておらず、料金所のオジサンにも「料金はイイヨ!」といわれ、否が応でも期待が高まる
・料金所を過ぎた辺りから、徐々に天候が悪化する。登ってる途中はポツポツ→ザーザー→頂上のレストハウス付近に来たときは暴風雨と化していた
・レストハウス付近は雨風をしのぐものがないので、たまらずバイクごと便所に入れ、雨宿りをする
・「レストハウスの職員はやってくるだろう」と、レストハウスが開くのを期待するが、待てども待てども誰も来ない・・・今日は休業か?ココで放置プレイか?

その後

・「これ以上待っても何にもならない」と暴風雨の中、下山を決意する。
・大自然に思いっきりお見舞いされ、全身ずぶ濡れになり、下山完了。タダより怖いものはない。料金所のオジサンに悪意はなかったのさ・・・そう思いたい

「旅のトラブル」へ

inserted by FC2 system